What's your dream? -To study-


CFFで私が所属するチーム、パンガラニティのキャッチフレーズです。

学校に行きたくても、経済的事情などで行けないフィリピンの青年たち。

彼らの「夢」をかなえるためにサポートする、奨学金制度。今年で2年目になります。

現在支援している4人の奨学生、エドウィン、マリチュ、ジャムジャム、そして「子どもの家」の一員だったダド。

ダドがこの春、高校を卒業して、働きながら学校に通うことになったそうです。

ダドは「子どもの家」でも最年長でお兄さん的な存在。私がワークキャンプに参加したときも、年下の子の面倒をしっかりみていて頼もしいなあ~と思ってました。

彼の高校卒業はすごく嬉しいけど、その後の進路が心配です。

私が親にお金を出してもらって大学に通えているように、私の小遣いがダドをはじめとする4人の奨学生が夢に向かって勉強できるような支えになればいいな、と思って、わずかながら寄付してきました。


1年前のワークキャンプで出会った、フィリピンの青年たちからもらった、たくさんの希望をこれからもずっと忘れないよ。


奨学金チーム”パンガラニティ”のブログです♪
http://pangarangiti.at.webry.info/
[PR]
# by mamikkot | 2007-06-29 13:49
2007年夏も、キャンプ・スタツアの時期がやってまいりました☆
フィリピンで、熱い夏を過ごそう!!!

┌─────────────────────────────

  ■CFFフィリピンワークキャンプ/スタディツアー

└─────────────────── 愛を届けに虹を渡ろう!

 フィリピンの仲間と子どもたちとともに学び、汗を流す、心も体も頭もフル「ワーク」のワークキャンプにあなたも参加しませんか。
 また、常夏のフィリピンへ「世界にたった一つのおみやげ」を探しに、スタディツアーに参加しませんか?
 ─────────────────────
 □ ワークキャンプ workcamp
 ─────────────────────
■日 程
・第49回:2007年7月28日(土)~8月10日(金) 14日間 
・第50回:2007年8月14日(火)~8月27日(月) 14日間
・第51回:2007年9月1日(土)~9月14日(金) 14日間

■場 所:フィリピン共和国パンガシナン州スワル バランガイ・バキワン  
■参加費:  各回とも89,000円(14日間)  
(参加費にはパスポート取得費、フィリピン日本往復航空券、空港利用税、海外旅行保険にかかる費用等は含まれません。)
■参加資格:各回とも15歳以上の健康な方
■定 員:各回とも20名(先着順で定員になり次第、締め切り。)  
■内 容:
フィリピンの青年たちと寝食をともにしながら、語らい、歌い、
児童養護施設「子どもの家」の関連施設の建設補助のワークをします。
・子どもたちや地域の人たちとの交流
・スタディツアー(戦争記念碑などの見学)   
・セミナー(戦争体験者の話を聞くピースセミナー、キャンパー同士のディスカッション、ワークショップ他) などを行います。     

 ─────────────────────
 □ スタディツアー study tour
 ─────────────────────
●日 程: 第14回:8月22日(水)~8月30日(木)9日間

●訪問場所:フィリピン共和国 マニラ、パンガシナン州ダグーパン、スワル、など
●内容:フィリピンでの学びの旅。CFFの児童養護施設「子どもの家」訪問に加え、地域の小学校や他の養護施設も訪問します。また、ごみの中から使える資材を拾い売って生計を立てている“スカベンジャー”の人々と話をしたり、ストリートチルドレン支援グループとの交流、フィリピン人の戦争体験者の話を聞くピースセミナー等、プログラムを通してフィリピンと日本の過去や現在の関係、そして未来について体験と理解を深めます。
●参加費:86,000円 
(参加費にはパスポート取得費、フィリピン日本往復航空券、空港利用税、海外旅行保険にかかる費用等は含まれません。)
●参加資格:15歳以上の健康な方
●定 員:15人(原則として先着順。定員に達し次第締め切り。)
─────────────────────────────

お申し込み前にキャンプのことをもっとしりたい方には説明会を行っています。
また、お申し込み後には3回の事前研修、キャンプ後には1回の事後研修も予定しています。
常夏のフィリピンの星空の下、ともに語り合う仲間をお待ちしています。

─────────────────────────────
◇主催:Caring for the Future Foundation INC.  
◇問い合わせ先
(特活)ケアリングフォー・ザ・フューチャー・ファンデーション・ジャパン(CFF)
事務局 渡辺 正幸(わたなべまさゆき) 中島 学(なかじままなぶ)
〒170-0013 東京都豊島区東池袋2-62-8-206
電話・03-5960-4602 ファクス:03-5960-4614
mail:info@cffjapan.org
http://www.cffjapan.org
─────────────────────────────
[PR]
# by mamikkot | 2007-06-26 15:50
「子どもの家」の子どもたちにバースデーカードを書きました。

☆ネネ、ロクサン、マルビン、ケルビン、ジェリリン、ジューイ☆の6人です。

誕生日って自分では忘れちゃうけど、(わたしだけ!?笑)年に1回のとっても貴重な日だよね。

1年前、私にたくさんのSmileをくれた子どもたち。

いっぱいお祝いしたいな♪

Happy birthday☆ I love you. Please enjoy your life at "Children's House".
I'm looking forward to visiting Philippine and seeing you again.
Take care.
[PR]
# by mamikkot | 2007-06-08 14:53
先日、マサさんから仕事をもらいました!夏プログラムのチラシの色塗りです。
実は、小さい頃からぬり絵が得意な私。たった1日で終わっちゃいました(笑)

今回のテーマは、

「愛を届けに、虹を渡ろう」

また多くのひとが、フィリピンの子どもたちに「愛」を届けに行ってくれるといいな♪
c0085462_1262221.jpg

[PR]
# by mamikkot | 2007-05-30 12:06
青年海外協力隊の春募集、受験します!!!

昨年の秋は健康診断で落ちちゃったけど、

今度こそ!!

*********************

<協力隊への抱負>

・村の人たちとコミュニケーションをとって生活をよくしていくための方法を見つける。
・ボランティア=何かをしてあげる、ではなく協力・共働することで1人ひとりが輝いて生きられるように活動する。

そして、彼らが「幸せ」に暮らせるような社会をつくる!
       

何も技術のない自分だけど、「夢」に向かって挑戦しようと思います!!


とりあえず・・・、

2次試験まで進むことが今回の目標かな。
[PR]
# by mamikkot | 2007-05-21 09:47
一昨日、メーリスでも流しましたが、夏プログラムのキャンパー・スタラーへのミニメッセージを書こう!・・・ということで、ご協力お願いします。

すでに13件の資料請求がきているということで、昨日新たに30枚のメッセージカードを書き、事務局に郵送しました☆

多くの人が申し込んでくれたらうれしいな♪c0085462_1051374.jpg
[PR]
# by mamikkot | 2007-05-16 10:05
昨日、春プログラムの事後研修が終わりました。手伝いに行けなくて本当に残念・・・。でもリーダーズや過去キャンパー・スタラーたちが流してくれるメーリスを見て、「ああ~CFFってホントに生き生きしてるな~!」と思いました(^_^)

あと、今日メールをcheckしたら、またまた嬉しいことが・・・!

*春キャンプのメンバーたちが、ボランティアで事務局の手伝いに来てる!
*夏プログラムのポスター・チラシ完成!
*資料請求がすでに13件もきてる!
*奨学金チーム・パンガラニティが動いている!(パンガラ通信の印刷etc...)

などなど。

社会人になった人たちも手伝いに来ていて、なんか「CFFの力ってすごい!!!」と改めて思いました☆私も自分にできることをコツコツやっていくぞ~っ!!
[PR]
# by mamikkot | 2007-05-14 09:10
前々回、ブログで紹介した「ラオス・カンボジアの子どもたちに絵本を送るボランティア」。
昨日、全部の本がやっと完成しました!!

本のタイトルは、
1.おおきなかぶ
2.ブレーメンのおんがくたい
3.つるのおんがえし
4.ぐりとぐら
5.スイミー

どれも私にとって懐かしい物語ばかり。

しかも、それぞれの本にはきちんとした「教え」が含まれています。

例えば、「おおきなかぶ」はみんなで協力することの大切さ。「つるのおんがえし」は、約束を守ることの大切さ。「スイミー」は集団の中での自分の位置の大切さect...。

********************************

作業をしていたら、そばで見ていた母が、
「へえ~どんな子どもたちが読むんだろうね~。」
と興味深げに覗いてきました(笑)

これらの本は、ラオスやカンボジアなどの地域に送り、子どもたちに読んでもらってはじめて役に立つもの。1つの物語から、たくさんのことを学んでほしいなあ・・・♪

(写真)完成したラオス語の本☆
c0085462_14321639.jpg

[PR]
# by mamikkot | 2007-05-11 14:32
昨日、今日と2日間、資料請求者のためにちょっとしたメッセージカードを書きました。春プログラムのときに、りこが考案してくれたものを引き継いだだけですが・・・(笑)30枚くらい書きました。書きすぎて若干手が痛い(><。)

****************************

突然ですが、これを見たCFFな皆さまへ

夏のキャンプ・スタツアのメンバー募集のため、資料請求時に同封するメッセージを書いてください!!

(例1)CFFへの資料請求ありがとうございます。私は○回のワークキャンプに参加して、「子どもの家」の子どもたちやフィリピンの人々、一緒に行った日本人の仲間たちと共に働き、共に語り合い、とても充実した2週間を過ごすことができました。あなたも子どもたちのキラキラした「笑顔」に出会ってみませんか?

(例2)こんにちは。資料請求ありがとう!!フィリピンスタディーツアーでは、車いすの楽団やマザーテレサの家など様々な施設を訪問し、フィリピンという国をよく知ることができます。また、CFFが運営する「子どもの家」では、かわいい子どもたちがあなたを待っています。ぜひ参加してね☆

・・・こんな感じです。

資料だけでは伝わらない、参加者の体験を含めたメッセージカード。
CFFのキャンプ・スタツアの楽しさをより多くの人に伝えたいな♪
c0085462_1449214.jpg

[PR]
# by mamikkot | 2007-05-09 14:49
c0085462_12325418.jpg約1ヶ月ぶりに書きます。わ~ホントに久しぶりの更新だぁ。。

1.アクセス数800件突破!!!
去年から地道に続けてきたmamikkoインターンブログをたくさんの人に見てもらい、とてもうれしいです。読んでくれたみなさん、ありがとう!!これからもよろしく♪

2.ブログを1ヶ月もほったらかしていたのは、また体調不良になったためです(涙涙)。本当は今も事務局のパソコンに向かって夏キャンプの広報etc...をやりたいのに…。


でも、ここで嘆いていても仕方がない!!


…ということで、シャンティ国際ボランティア会(SVA)のラオス・カンボジアの子どもに「絵本を届ける運動」をやってみることにしました。

作業は単純。日本語で書かれた絵本に、ラオス語やカンボジア語の訳文シールをひたすら貼っていきます。そして最後に自分の名前をラオス語で書く!!私はラオス語がまったく読めませんが、見本をみながら真剣に写しました(笑)。

最初に取り組んだのは「おおきなかぶ」の話。これは2年前にバングラデシュに行ったとき、現地の小学校で演劇をやったこともあり、私にとって思い出深い話です。

「1人ではなかなかできないことも、皆で力を合わせればうまくいく」

こんなメッセージを絵本を通してラオスの子どもたちに伝えられたら…と思うと、訳文シールを貼っていてとてもわくわくしました。

*************************************

絵本って、一見単純なもののようで、実は深い意味が込められているんだなぁ。

子どものころ絵本を開くと感じた「わくわく」、「どきどき」という感情は大人になってもあまり変わらないなぁ(私だけ?!)

こんな感情を世界の子どもたちに感じてほしい。そして絵本を読むことで想像力をふくらませて、「夢」を持ってほしい。

そんな社会づくりにほんの少しでも貢献できれば私はとっても幸せです。

**************************************

1人ひとりの力が積み重なって、明るい未来を築いていけますように。

(写真)作業の様子と「おおきなかぶ」のラオス語版
[PR]
# by mamikkot | 2007-05-02 22:55