ご無沙汰してました、まみーです!

 先月の末に2009年夏のワークキャンプが終了しました。第7回、8回ともに個性的な、学びの深いキャンプでした。私自身、アシスタントディレクターとして参加した初めてのキャンプでした。いろいろ大変なこともありましたが、それ以上に学ぶことが多かったです。

c0085462_19412475.jpg


 今回のキャンプを通して最も強く考えさせられたことは、「キャンプを動かしているものは何か」ということでした。基本的にはディレクターやスタッフ、プログラムリーダーがその場を仕切っていくことが多いのですが、ワークキャンプを動かすのは彼らではありません。もちろんリーダーの努力やキャンパー1人ひとりの想いがなければキャンプは成り立ちません。しかし、それ以上に私たちの力を超えた何かがこのキャンプを動かしているのだと思います。

 キャンプでは意見が対立したり、体調を崩してワークに参加できない人が続出したり、、本当にさまざまなことが起こります。しかし、そのような困難な状況のときにこそ、皆が1つにまとまろうとする力が働くのです。それはディレクターの力だけでどうにかなるものではありません。ディレクターの役割は、皆が1つの集団としてまとまることを信じて、その時々に必要な判断をして行動すること。そして、メンバーを支え、彼らにserve(=心から仕える)こと。この2つに尽きると思います。

 また、このキャンプを通して「見えないものを信じることの大切さ」を教えてもらいました。何のためにワークをするのか。どのキャンプにおいても必ずこのような議論がなされます。CFFマレーシアでは、まだ子どもたちの受け入れが始まっていません。私たちはまだ出会ったことのない、未来の子どもたちのために基盤作りをしているのです。彼らの未来を信じて。そして、彼らの幸せを願って。

私たちは、見えるものにではなく、見えないものにこそ目を留めます。見えるものは一時的であり、見えないものはいつまでも続くからです。(聖書「コリント人への手紙2 4:18」)

 ワークキャンプを通して、メンバー1人ひとりがまだ見ぬ未来の子どもたちへの想いを強めていく姿、子どもたちの笑顔を思い描いて汗を流しながら一生懸命にワークをする姿を見て、信じることの大切さを改めて感じました。

 2009年8月、マレーシアの地で未来を信じて共に協力し合ったキャンパーたち。彼らが12日間かけて築いた目に見えない何かが、これからの人生にとって大きな実りとなるよう願っています。
 
c0085462_19382614.jpg

[PR]
# by mamikkot | 2009-09-06 19:28
Selamat petang(こんにちは)!まみーです。

 マレーシアに来て、早10日になります。インターネットが使えない環境にいたのでブログを更新できなかったのですが、充実した毎日を送っています。文化の異なる場所での生活は大変なこともありますが、それ以上に新しい発見があって刺激的です。

さて、今回は子どもの家での一コマを紹介します。

 
c0085462_20242950.jpg


 写真はそうじをしているマレー人スタッフのFred。朝一番の仕事はみんなでバンブーハウス(スタッフの仕事場&宿泊所)をきれいにすることです。一見単純に見える作業ですが、かなり苦労しています。なぜなら、、、ここでは「清潔」の基準が日本と異なるから。

 一週間前に初めて子どもの家を訪れたとき、ホコリがたくさん落ちていたり、洗濯物が散らかっていたりして、ちょっと(かなり)ショックを受けたのを覚えています。彼らはそれで平気らしいけれど、私はぜんぜん平気じゃない。この意識の違いをどう乗り越えようか、ずいぶん悩みました。

 この一週間、そうじをしながら出てきた問題点をどう解決するかをみんなで話し合ったり、効率よくそうじをする方法を提案し合ったりしながら進めています。CFFマレーシアのミッションは「共生と支え愛」。さまざまな国籍、文化、習慣を持った人たちが共に協力し合い、支え合いながら生きていく社会づくりを目指しています。だから日本人のやり方を一方的に教えてもダメだし、すべてマレー人のやり方に従って妥協してしまってもうまくいきません(もちろん現地のやり方を受け入れるのは大切ですが)。少しずつでも、時間がかかってもお互いにとって最もよい方法を模索していくこと。これが大切なのではないかと感じる今日この頃です。


c0085462_20295110.jpg

Finished!! きれいになりました。
[PR]
# by mamikkot | 2009-07-25 20:34
こんにちは!まみー@マレーシアです。

マレーシアに来て早くも4日目となります。まだこちらの気候になれず、暑さでダウンしてしまうことがしばしば。でも毎日多くの発見があって充実した生活を送っています。

1日目。さっそく子どもの家に行ってきました!1年ぶりに訪れた子どもの家、かなり変化していましたよ。

まず、

c0085462_17471254.jpg


子どもの家の第一棟が完成しました!これは去年私と同じ回に参加した子が設計したものです。
実際に見て、中に入ってみると本当に感動しました。近い将来、ここに子どもたちが入ってくるんだなあと思うと本当にワクワクします。


そして、

c0085462_17394186.jpg


子どもの家では野菜を育てています。ヘンリーというインドネシア人のスタッフが、木が生い茂っていた土地を開拓し、みごとな畑を作ってくれました。彼の仕事は本当にすばらしいの一言ですね。ここの人たちは生活力が高く、彼らから学ぶところがほんとうに多いんです。

写真はトウモロコシとかぼちゃ。

c0085462_1051529.jpg
c0085462_1053534.jpg


自分たちで土地を耕して野菜を植え、それを消費する。「セルフサステイナブル」な生活を目指しています。
他にもいろいろあるので、少しずつ紹介していきたいと思います。


夜は子どもの家のスタッフが私のウェルカムパーティーを開いてくれました。
これから共に生活していく、そして共に子どもたちの未来を築いていく大切な仲間。
みんなのあたたかさに触れた幸せな時間でした。


c0085462_10441526.jpg

CFFマレーシアのスタッフたちと。
[PR]
# by mamikkot | 2009-07-18 10:28
こんにちは!まみーです。
いよいよ7月に入り、熱~い季節がやってまいりましたね♪


さて、フィリピンとマレーシアにて行われるCFFのワークキャンプ・スタディーツアーは
ただいま参加者募集中です。

・この夏、何かやってみたい!
・海外ボランティアって何?
・フィリピン/マレーシアの子どもたちの笑顔に出会ってみたい!
・仲間たちと思いっきり語りたい!
・新しい自分に出会ってみたい!

などなど。


この中で1つでもあてはまる方、まずは説明会に参加してみませんか?

   http://www.cffjapan.org/02wc/09natsu_setsumeikaiver1.html

CFFワークキャンプ・スタディーツアーのブログも更新中です!

   http://cffjapan.exblog.jp


一緒に熱いキャンプ・スタディーツアーを創っていきましょう!
ご参加お待ちしています。

c0085462_21414488.jpg



========================
    CFF09夏プログラム参加者募集中!!
========================

 ・参加資格:15歳以上の健康な人。全日程参加が原則。
 ・各回参加費89000円(航空券代等含まず)


■フィリピン・ワークキャンプ
第61回 8月1日(土)~8月14日(金)14日間
第62回 8月17日(月)~8月30日(日)14日間
第63回 9月2日(水)~9月15日(火)14日間


■フィリピン・スタディツアー
第18回 8月24日(月) ~ 9月1日(火)9日間


■マレーシア・ワークキャンプ
第7回 8月3日(月)~8月14日(金)12日間
第8回 8月20日(火)~8月31日(月)12日間


■マレーシア・スタディツアー
第3回 9月7日(月)~9月14日(月)8日間


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
特定非営利活動法人 
ケアリング・フォー・ザ・フューチャー・ファンデーション・ジャパン(CFF)
■東京事務局
 〒170-0013 東京都豊島区東池袋2-62-8-206
 TEL:03-5960-4602 FAX:03-5960-4614 
 http://www.cffjapan.org/  Email:info@cffjapan.org
_______________________________
[PR]
# by mamikkot | 2009-07-01 21:39
こんにちは!まみーです。
この度7月よりCFFマレーシアにてインターンをすることになりました。


CFFの活動には3年ほどかかわってきましたが、現地で活動するのは初めてのことで楽しみ半分、不安半分といった感じです。。でも、現地の人々に一番近い立場でかかわっていけることは、この上ない喜びです。

2009年夏のプログラムでは、アシスタントディレクターとしてワークキャンプ・スタディーツアーを支えていきます。1人ひとりが何か気づきを得られるよう、そしてキャンプで得た経験を今後につなげていけるように精一杯サポートしていきたいと思っています。


このブログでも、マレーシアでの活動の様子を伝えていきたいと思っています。
筆無精なもので、、更新が定期的にできないかもしれませんが
温かく見守ってくれるとうれしいです056.gif


みんなの想いが集った

CFFマレーシアという大好きな場所で

子どもたちの未来を

共に創っていけることに感謝して。



2009年6月22日    まみー
[PR]
# by mamikkot | 2009-06-22 17:57
Selamat petang!!(こんにちは) まみーです。

最近、空き時間を使ってぬりえチラシにせっせと色ぬりをしています。

「・・・ぬりえチラシって何??」と思ったあなたへ。

ぬりえチラシとは、CFFのワークキャンプ・スタディーツアー広報の一環として始められました。
参加希望者に郵送している資料のなかに入っています。

以前はカラーの紙に印刷していたのですが、ぬりえ式になってから学生、社会人などたくさんの人が広報に関われるようになり、より手作り感あふれるものとなりました。

一人ひとりの想いがつまったぬりえチラシ、素敵ですねー。

今年の夏に参加する人たちへ想いのバトンを手渡すことができたらうれしいです。


興味のある方、ぜひ資料請求してみてくださいね☆



資料請求はこちら!!
     ↓↓
 ・PC用URL  http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P24676185
 ・携帯用URL  http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P24676185


c0085462_14533113.jpg



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
説明会開催!フィリピン/マレーシア・ワークキャンプ・スタディツアー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2009年夏のCFFワークキャンプ/スタディツアーの説明会です。
6/7、6/14など、順次開催していきます。 http://www.cffjapan.org/

説明会では、参加経験者がいろんな話を聞かせてくれたり、写真を見せてくれたりし
ます。
保護者の方も大歓迎、途中入退場OKです。参加費はかかりません。
まずは、お気軽に参加してくださいね。

会場など詳しい問い合わせ、参加のお申し込みは info@cffjapan.org
CFF事務局(渡辺)まで。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■マレーシア・プログラム説明会
 ◎とき:2009年6月7日(日) 18:30~20:30
 ◎ところ:国立オリンピック記念青少年総合センター(東京・代々木)

■フィリピン・プログラムの説明会
 ◎とき:2009年6月14日(日) 18:30~20:30
 ◎ところ:国立オリンピック記念青少年総合センター(東京・代々木)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※CFF2009年夏の各ブログラム(参加者募集中)
 ・参加資格:15歳以上の健康な人。全日程参加が原則。
 ・各回参加費89000円(航空券代等含まず)


■フィリピン・ワークキャンプ
第61回 8月1日(土)~8月14日(金)14日間
第62回 8月17日(月)~8月30日(日)14日間
第63回 9月2日(水)~9月15日(火)14日間


■フィリピン・スタディツアー
第18回 8月24日(月) ~ 9月1日(火)9日間


■マレーシア・ワークキャンプ
第7回 8月3日(月)~8月14日(金)12日間
第8回 8月20日(火)~8月31日(月)12日間


■マレーシア・スタディツアー
第3回 9月7日(月)~9月14日(月)8日間


★CFFキャンプ・スタツアのブログ→ http://cffjapan.exblog.jp

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
特定非営利活動法人 
ケアリング・フォー・ザ・フューチャー・ファンデーション・ジャパン(CFF)
■東京事務局
 〒170-0013 東京都豊島区東池袋2-62-8-206
 TEL:03-5960-4602 FAX:03-5960-4614 
 http://www.cffjapan.org/  Email:info@cffjapan.org
_______________________________



【MLコミュホームページ】http://www.freeml.com/cffjapan
[PR]
# by mamikkot | 2009-06-04 14:45
ご無沙汰してました、まみーです。

先日、去年の11月に行われたマレーシア社会人キャンプの振り返りミーティングに参加してきました。
社会人キャンプとは、日本やマレーシアで働いている障がいを持つ社会人と一般の社会人とがそれぞれの違いにかかわらず、ともに支えあい、ともに働くことを目的としたキャンプです。
お互いの違いを「個性」として認め合い、受け入れている様子が伝わってくる、そんな時間でした。
キャンプを終えて、本当にほんとうに輝いている皆さんにお会いして、CFFのキャンプの力ってすごいなぁーーと感じましたね。


あなたもこの夏、フィリピン/マレーシアで新しい自分に出会ってみませんか。


c0085462_1425816.jpg


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
説明会開催!フィリピン/マレーシア・ワークキャンプ・スタディツアー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2009年夏のCFFワークキャンプ/スタディツアーの説明会です。
6/7、6/14など、順次開催していきます。 http://www.cffjapan.org/

説明会では、参加経験者がいろんな話を聞かせてくれたり、写真を見せてくれたりし
ます。
保護者の方も大歓迎、途中入退場OKです。参加費はかかりません。
まずは、お気軽に参加してくださいね。

会場など詳しい問い合わせ、参加のお申し込みは info@cffjapan.org
CFF事務局(渡辺)まで。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■マレーシア・プログラム説明会
 ◎とき:2009年6月7日(日) 18:30~20:30
 ◎ところ:国立オリンピック記念青少年総合センター(東京・代々木)

■フィリピン・プログラムの説明会
 ◎とき:2009年6月14日(日) 18:30~20:30
 ◎ところ:国立オリンピック記念青少年総合センター(東京・代々木)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

なお、参加できなくても、詳しい資料をおくります(下記からどうぞ)。
 ・PC用URL  http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P24676185
 ・携帯用URL  http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P24676185


※CFF2009年夏の各ブログラム(参加者募集中)
 ・参加資格:15歳以上の健康な人。全日程参加が原則。
 ・各回参加費89000円(航空券代等含まず)


■フィリピン・ワークキャンプ
第61回 8月1日(土)~8月14日(金)14日間
第62回 8月17日(月)~8月30日(日)14日間
第63回 9月2日(水)~9月15日(火)14日間


■フィリピン・スタディツアー
第18回 8月24日(月) ~ 9月1日(火)9日間


■マレーシア・ワークキャンプ
第7回 8月3日(月)~8月14日(金)12日間
第8回 8月20日(火)~8月31日(月)12日間


■マレーシア・スタディツアー
第3回 9月7日(月)~9月14日(月)8日間


★CFFキャンプ・スタツアのブログ→ http://cffjapan.exblog.jp

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
特定非営利活動法人 
ケアリング・フォー・ザ・フューチャー・ファンデーション・ジャパン(CFF)
■東京事務局
 〒170-0013 東京都豊島区東池袋2-62-8-206
 TEL:03-5960-4602 FAX:03-5960-4614 
 http://www.cffjapan.org/  Email:info@cffjapan.org
_______________________________



【MLコミュホームページ】http://www.freeml.com/cffjapan

c0085462_14235512.jpg

[PR]
# by mamikkot | 2009-05-28 00:50
こんにちは!半年ぶりの更新ですね。あれから社会人になり、何かとバタバタしていたまみーです。
CFFの活動に参加することも学生のときより少なくなったけれど、自分なりの関わり方を模索しながら日々過ごしてます。

さて、5月4日、5日に行われた春プログラムの事後研修について書こうと思います。
今回、私はスタッフとして参加してきました。

これまで何度か事後研修に参加してきて一番印象に残るのは、やはりキャンパーやスタラー(参加者)の輝きと熱意、そして、リーダーの成長です。
実際にフィリピンやマレーシアを訪れ、日本とは違った環境で過ごすなかで、たくさんのことを感じ、考え、シェアする2週間。
皆で力を合わせて1つのものを築いていくワーク。
現地の子どもたちをはじめとする多くの人々との触れあい。
その中で彼らはこれまでとは違う新しい自分に気づいたり、新たな価値観を発見したり・・・一人ひとりが本当に貴重な体験をしてきたんだなぁと思いました。

この経験をこれからどう活かしていきたいか。
途上国で出会った子どもたちのために、自分にできることは何か。
生きていくうえで、本当に大切にすべきものは何だろうか。

これらを真剣に話し合った2日間でした。
ワークキャンプやスタディーツアーで感じた「想い」をカタチにしていくのはこれからです。
c0085462_14315464.jpg

               (子どもたちの幸せについて語り合うキャンパーたち)


2日目の最後には、春プログラムのリーダーを務めた8人からのあいさつがありました。リーダーの皆は本当によくがんばったんだなぁと感じましたね。一人ひとりが違った持ち味を活かして、自分らしいリーダーとして存在することでキャンプやスタツアを創りあげてきたんだということが伝わってきて、思わず感動しちゃいました。。。本当にほんとうにお疲れさまでした!


2009年春にCFFに集ったメンバーたちの想いが、子どもたちの幸せにつながりますように。
[PR]
# by mamikkot | 2009-05-07 14:39
今日はマレーシアキャンプの交流会に参加してきました!

0回スタディーツアーから今年の夏プログラム参加者まで、さまざまなメンバーが集まって熱くSharingができた貴重な時間でした。

ワークキャンプに参加した後も、こうやって想いを共有できる仲間がいるって素敵なことだなぁ・・・。


交流会では、これからどのようにしてマレーシアとのつながりを作っていきたいかを話し合いました。

【これからやりたいこと】
・マレーシア報告会(マレーシアでの活動を多くの人に知ってほしい!)
・春プログラムのサポート(広報、説明会の開催など)
・寄付を募ろう
・Share合宿をやりたい!
・マレーシアサポーター制度(チャイルドケアサポーターみたいなもの)
・ホームページを改善
・マレーシアの社会問題について知ろう
・グローバルフェスタなどのイベントに出展

などなど。やりたいことはたくさんです!



こんなにやりたいことがあるのは、皆マレーシアに対する想い入れが強いから。

現地で感じた想いを少しずつでも行動に移していくこと。

それがマレーシアの将来を築くことにつながっていく。


いつか、あの場所に子どもの家を作り、

1人でも多くの子どもが幸せになれるように。


そんな未来に一歩ずつ近づいていこう。
[PR]
# by mamikkot | 2008-11-08 22:56
Selamat pagi!!!!

報告が遅くなってしまいましたが・・・マレーシアから帰ってきました。何と言ったらいいか、一言では表せないほどたくさんの幸せを感じ、たくさんの感動を与えられ、たっくさんの人の温かさに触れた2週間でした

出発前はまったく実感がわかなくて、向こうに行って何がしたいのか、何ができるのかほとんどわからなかった。そんな私が2週間後にこんなに満たされているのは、きっと何事にも思いっきり取りくめたから、そして私を支えてくれたたくさんの人がいてくれたからだと思う。


「自分を信じて」生きること。


「人を思いやる」こと。


「すべてに感謝」すること。

これらの大切さを実感した旅でした。


*******************

印象に残っていることをいくつか紹介します!

【障害者施設訪問】

ディレクターのべべちゃん(笑)が協力隊員だったころに働いていた施設。小学生から高校生くらいまでのいろんな障害を持っている人たちが学んでいる。ここで子どもたちと接していて感じたことは「同じ人間」だということ。国が違っても障害を持っていても一生懸命生きているということは変わらないんだ。

あと、マレーシアは2020年までに先進国入りを目指しているが、福祉政策が全く追いついていないということを感じた。施設では、反抗する障害者は罰せられたりなど、脅威を与えることによって問題解決がなされている。もっと個人を尊重した教育をすべきではないか。人の幸せのために国が動かなければ先進国になんてなれないと思う。(じゃあ日本はどうなの!?)


【フィリピン人不法滞在地域】

たくさんの子どもたちと出会った。みんなとっても元気で子どもは世界共通なんだなあと感じた。もちろん言葉が通じないので、歌をうたったりジャンケンゲームをしたりして遊んだ。歌は心と心をつなげてくれる。

一見普通の子どもたちだけど、この日は警察が不法滞在地域にある家を撤去しに来るということでみんな山奥に避難する準備をしていた。この地域のすぐそばには国連職員や○ICAの職員が住んでいるマンションが建っている。こんなに格差が一目瞭然でわかる場所はない。なぜ不法滞在者に対して何もしてあげないんだろう。そのことに激しい憤りを感じる。

子どもたちに将来の夢と幸せについて聞いてみた。夢は(男の子の場合)警察官や軍人だそうだ。幸せにとって大切なものを挙げてもらうと、3位がSekolah(学校)、2位がDuit(お金)、そして1位がTuhan(神)。神という答えはフィリピンでも一緒だったなぁ。。どこの国でも宗教は生きていくうえで人々の支えになっているんだ。私は特定の宗教を持っていないが、マレーシアに滞在して神を信仰することの大切さがわかったような気がした。

c0085462_9362943.jpg


【ホームステイ(2泊3日)】

マレーシアの人々の生活を知るよい機会だった。まず驚いたのが、マレーシアの家庭ではテレビがあって、子どもたちがテレビの前から離れないということ。まるで現在の日本みたい。。でも、ダンスや歌を歌うなど日が暮れるまで外で遊んだりもしていて、それが子どもたちと私の距離を縮めてくれた。みんなでkiroroの「未来へ」を歌ったことは最高の思い出。 

感謝の気持ちを示したくて日本食を作った。メニューは肉じゃがとそうめん。肉じゃがは鶏肉しか使えなかったのでだいぶマレーシア風になった(笑)…が、意外と受けがよく、みんなおいしそうに食べてくれた。特に、一緒にステイしたマレー人の女の子がそうめんをとても気に入ってくれた。実はその子とはあまりうまくコミュニケーションがとれていなかったのだが、日本食づくりをきっかけにとても仲良くなり、心を開いて接することができるようになった。コミュニケーションって言語だけじゃないんだなぁ。こどもたちに対しても同じで、言葉が通じなくてもとにかくこちらから心を開いて話しかける。そういう姿勢の積み重ねによって心がつながっていく。また1つ大切なことを学んだ。

c0085462_9372527.jpg


【ワーク】

アドバンスキャンプは東屋(公園にある休憩所みたいなもの)を作った。建築を勉強している私達の仲間が設計してくれたものだ。もちろん建物を建てることは単純作業ではないので、いろいろ試行錯誤を重ねながら地道に取り組んだ。

ワーク3日目にしてすでにみんなの気持ちがバラバラになってしまい、「ワークキャンプの目的とは?」というテーマで延々と話し合った。時には意見のぶつかり合いもあったが、最終的には「皆がそれぞれの目標をもちながらも、未来の子どもたちのためになることをしよう」という結論に達し、”Unity(統一・調和)!!”というスローガンを作った。最後には”unityマーク”まで作ってしまったり(笑)いろいろ大変だったけど、最後にはみんなの心、子どもたちへの願いが詰まった東屋が完成しました~~~!!!

1つのものを作り上げるのにこんなに真剣になったことはなかったので、完成したときの感動も大きかった。これから先、キャンパーや子どもたちがあそこで過ごすんだと思うとわくわくするなぁ。

【セミナー】

毎晩テーマに沿って感じたことをシェアするセミナー。ある日forgivenessというテーマでsharingをした。

誰もが憎んでいる人や嫌いな人がいるだろう。でも憎みあってばかりでは平和な世界なんてつくれない。だからまず許すことから始めてみようという趣旨です。シェアしてくれた2人の話がとても心に突き刺さってとてもとても痛かったのを覚えている。私には想像できないほどの心の痛みを抱えて生きてきた仲間。最初はびっくりしすぎて彼らに何も言えなかったけど、でも少しでも痛みを分かち合えたらいいなという気持ちで話を聞いていた。

私も自分の傷を彼らに打ち明けたら、一緒に泣いてくれた。「辛かったねぇ。」って。。こんなに思いやりがあってこんなに信じあえる仲間と出会えたことに、ほんとにほんとに感謝。一生忘れなれない出来事でした。


こんな感じです。

ここでは語りきれないくらいたくさん感じたことがあるけれど、それはこれからゆっくりshareしていこうと思います。

マレーシアアドバンスキャンプはこれからが始まりです♪♪


最後に2週間ともに笑い、泣き、語り合ったすべての仲間へ

Terima kasih!!! Saya cinta anda semua(^^)

c0085462_936749.jpg

[PR]
# by mamikkot | 2008-08-16 09:51