先日、マサさんから仕事をもらいました!夏プログラムのチラシの色塗りです。
実は、小さい頃からぬり絵が得意な私。たった1日で終わっちゃいました(笑)

今回のテーマは、

「愛を届けに、虹を渡ろう」

また多くのひとが、フィリピンの子どもたちに「愛」を届けに行ってくれるといいな♪
c0085462_1262221.jpg

[PR]
by mamikkot | 2007-05-30 12:06
青年海外協力隊の春募集、受験します!!!

昨年の秋は健康診断で落ちちゃったけど、

今度こそ!!

*********************

<協力隊への抱負>

・村の人たちとコミュニケーションをとって生活をよくしていくための方法を見つける。
・ボランティア=何かをしてあげる、ではなく協力・共働することで1人ひとりが輝いて生きられるように活動する。

そして、彼らが「幸せ」に暮らせるような社会をつくる!
       

何も技術のない自分だけど、「夢」に向かって挑戦しようと思います!!


とりあえず・・・、

2次試験まで進むことが今回の目標かな。
[PR]
by mamikkot | 2007-05-21 09:47
一昨日、メーリスでも流しましたが、夏プログラムのキャンパー・スタラーへのミニメッセージを書こう!・・・ということで、ご協力お願いします。

すでに13件の資料請求がきているということで、昨日新たに30枚のメッセージカードを書き、事務局に郵送しました☆

多くの人が申し込んでくれたらうれしいな♪c0085462_1051374.jpg
[PR]
by mamikkot | 2007-05-16 10:05
昨日、春プログラムの事後研修が終わりました。手伝いに行けなくて本当に残念・・・。でもリーダーズや過去キャンパー・スタラーたちが流してくれるメーリスを見て、「ああ~CFFってホントに生き生きしてるな~!」と思いました(^_^)

あと、今日メールをcheckしたら、またまた嬉しいことが・・・!

*春キャンプのメンバーたちが、ボランティアで事務局の手伝いに来てる!
*夏プログラムのポスター・チラシ完成!
*資料請求がすでに13件もきてる!
*奨学金チーム・パンガラニティが動いている!(パンガラ通信の印刷etc...)

などなど。

社会人になった人たちも手伝いに来ていて、なんか「CFFの力ってすごい!!!」と改めて思いました☆私も自分にできることをコツコツやっていくぞ~っ!!
[PR]
by mamikkot | 2007-05-14 09:10
前々回、ブログで紹介した「ラオス・カンボジアの子どもたちに絵本を送るボランティア」。
昨日、全部の本がやっと完成しました!!

本のタイトルは、
1.おおきなかぶ
2.ブレーメンのおんがくたい
3.つるのおんがえし
4.ぐりとぐら
5.スイミー

どれも私にとって懐かしい物語ばかり。

しかも、それぞれの本にはきちんとした「教え」が含まれています。

例えば、「おおきなかぶ」はみんなで協力することの大切さ。「つるのおんがえし」は、約束を守ることの大切さ。「スイミー」は集団の中での自分の位置の大切さect...。

********************************

作業をしていたら、そばで見ていた母が、
「へえ~どんな子どもたちが読むんだろうね~。」
と興味深げに覗いてきました(笑)

これらの本は、ラオスやカンボジアなどの地域に送り、子どもたちに読んでもらってはじめて役に立つもの。1つの物語から、たくさんのことを学んでほしいなあ・・・♪

(写真)完成したラオス語の本☆
c0085462_14321639.jpg

[PR]
by mamikkot | 2007-05-11 14:32
昨日、今日と2日間、資料請求者のためにちょっとしたメッセージカードを書きました。春プログラムのときに、りこが考案してくれたものを引き継いだだけですが・・・(笑)30枚くらい書きました。書きすぎて若干手が痛い(><。)

****************************

突然ですが、これを見たCFFな皆さまへ

夏のキャンプ・スタツアのメンバー募集のため、資料請求時に同封するメッセージを書いてください!!

(例1)CFFへの資料請求ありがとうございます。私は○回のワークキャンプに参加して、「子どもの家」の子どもたちやフィリピンの人々、一緒に行った日本人の仲間たちと共に働き、共に語り合い、とても充実した2週間を過ごすことができました。あなたも子どもたちのキラキラした「笑顔」に出会ってみませんか?

(例2)こんにちは。資料請求ありがとう!!フィリピンスタディーツアーでは、車いすの楽団やマザーテレサの家など様々な施設を訪問し、フィリピンという国をよく知ることができます。また、CFFが運営する「子どもの家」では、かわいい子どもたちがあなたを待っています。ぜひ参加してね☆

・・・こんな感じです。

資料だけでは伝わらない、参加者の体験を含めたメッセージカード。
CFFのキャンプ・スタツアの楽しさをより多くの人に伝えたいな♪
c0085462_1449214.jpg

[PR]
by mamikkot | 2007-05-09 14:49
c0085462_12325418.jpg約1ヶ月ぶりに書きます。わ~ホントに久しぶりの更新だぁ。。

1.アクセス数800件突破!!!
去年から地道に続けてきたmamikkoインターンブログをたくさんの人に見てもらい、とてもうれしいです。読んでくれたみなさん、ありがとう!!これからもよろしく♪

2.ブログを1ヶ月もほったらかしていたのは、また体調不良になったためです(涙涙)。本当は今も事務局のパソコンに向かって夏キャンプの広報etc...をやりたいのに…。


でも、ここで嘆いていても仕方がない!!


…ということで、シャンティ国際ボランティア会(SVA)のラオス・カンボジアの子どもに「絵本を届ける運動」をやってみることにしました。

作業は単純。日本語で書かれた絵本に、ラオス語やカンボジア語の訳文シールをひたすら貼っていきます。そして最後に自分の名前をラオス語で書く!!私はラオス語がまったく読めませんが、見本をみながら真剣に写しました(笑)。

最初に取り組んだのは「おおきなかぶ」の話。これは2年前にバングラデシュに行ったとき、現地の小学校で演劇をやったこともあり、私にとって思い出深い話です。

「1人ではなかなかできないことも、皆で力を合わせればうまくいく」

こんなメッセージを絵本を通してラオスの子どもたちに伝えられたら…と思うと、訳文シールを貼っていてとてもわくわくしました。

*************************************

絵本って、一見単純なもののようで、実は深い意味が込められているんだなぁ。

子どものころ絵本を開くと感じた「わくわく」、「どきどき」という感情は大人になってもあまり変わらないなぁ(私だけ?!)

こんな感情を世界の子どもたちに感じてほしい。そして絵本を読むことで想像力をふくらませて、「夢」を持ってほしい。

そんな社会づくりにほんの少しでも貢献できれば私はとっても幸せです。

**************************************

1人ひとりの力が積み重なって、明るい未来を築いていけますように。

(写真)作業の様子と「おおきなかぶ」のラオス語版
[PR]
by mamikkot | 2007-05-02 22:55