命をいただくということ。

こんにちは!!まみーです。

今回は鶏のとさつについて書こうと思います。

CFFマレーシアでは今年の6月から鶏を育てています。
テーマが「セルフサステイナブル」ということで、食糧もできる限り自分たちで育てたものを食べていこうと試みています。6月にコタキナバルで買ってきた30匹のひよこは、2か月で立派な鶏に育ちました。

c0085462_14201316.jpg


実は今回のワークキャンプとスタディーツアーでは、何人かのメンバーがとさつを体験しました。
日本では見たこともやったこともない経験で、最初は皆驚いたり戸惑ったり。。。
中には目を背けて泣き出す人も。

c0085462_1431231.jpg


でも、終わった後はみんなこういいます。

・私たちの生活は多くのものの犠牲の上に成り立っていることがよくわかった。
・食べ物を与えられることに感謝したい。
・普段食べているものがどうやって私たちの手元にくるのか考えることが必要。
・命をいただくって本当にありがたいことだ。

などなど。そして、とさつした鶏をみんなで感謝していただきます。

c0085462_14272810.jpg


私も日本で、そしてアジアの国々で何回かとさつを体験したことあります。
初めて行ったときは、ただただショックを受け今にも泣きだしそうになったのを覚えています。
そのとき、フィリピン人の子に言われた言葉。

「私たちの国では、これが日常なんだよ。」

私が非日常だと思っていたものは、実は日常的に行われていること。
日本のスーパーでパックに入った鶏肉を買っていた私からは、その認識がすっぽり抜けてしまっていた。
私の命は本当にたくさんのものに支えられて存在している。
多くの命の犠牲の上に生かされているのだ。
だから、もっともっと感謝しよう。
素直にそう思えました。

昨日、久しぶりにとさつをしました。やはり毎回胸を締めつけられる感じがあります。
でも終わった後は感謝の気持ちでいっぱいでした。
[PR]
by mamikkot | 2009-09-30 14:33