子どもの家のフルーツたち。

Selamat petang!まみーです。本日2回目の更新です。

前回のプログで紹介したマンゴスチンに続き、CFFマレーシアの肥沃な土地ではさまざまなな果物が実りの時期を迎えています。本当は1つひとつ書いていく予定でしたが、あまりにもたくさんあるのでまとめて紹介しちゃいます。


まずはこれ。

c0085462_19411421.jpg


ランブータンです。先週あたりからどんどん実が赤くなり始めています。CFFマレーシアのみならず、この辺では至るところで売られているんです。まさに今が旬!実は白く、ライチのような食感でとてもおいしいです。


続いて、

c0085462_1948405.jpg

c0085462_1955385.jpg


パパイヤとジャックフルーツです。
パパイヤは青いままで料理に使われたり、熟すとフルーツとして食べたりといろんなバリエーションがあります。ジャックフルーツは大きいので長さ70センチ、重さ50キロくらいになるらしい。実が黄色く、何とも例えようがない味と食感です。マレーシアに来たらぜひ食べてみてくださいね!


これは、ランサといいます。

c0085462_1951458.jpg


ぶどうのように実をつけますが、実が白く、味はやはりライチに似ています。


そして、果物の王様といえば、

c0085462_21441548.jpg


ドリアン。高い木の上に30センチくらいの実をつけています。何といってもにおいが強烈です(笑)味はとても濃厚で甘い。人によって好き嫌いがはっきり分かれますが、、私は大好きです。
外側の殻には固いとげがあって、触るととっても痛いんです。ちなみに今日写真をとっていたらいきなり私の手の上に落ちてきて刺さりました。。

たくさんの果物が育っているCFFマレーシアの土地。
大地の恵みって本当にありがたいなあと思う今日この頃です。
[PR]
by mamikkot | 2009-09-28 21:50